行正り香 オフィシャルサイト | FOOD/DAYS

ワインの抜栓

ワインの抜栓


いつも思うのですが、赤ワインは早めに抜栓(コルクをあける)した方がおいしいとおもいます。

カリフォルニアワインならば1時間前に、イタリアやフランスならば、私は2時間前に、あるいは6時間前に開けたりします。

あ、いい感じになりそうだな、と感じたらバキュバンをしたりして、工夫をします。

開けたすぐだとワインは固く感じます。

抜栓時間を工夫しだすと、ワインはもっと楽しい。

 

「今夜のワイン、どうしよう? 今夜のゴハン、どうしよう?」

今夜のワイン、どうしよう? 今夜のゴハン、どうしよう?コンビニの500円ワインからネットショップまで!
おいしいワインの見つけ方、教えます。

(ワインに合う料理レシピつき!)

Amazonで購入する
 

 

行正 り香

行正 り香

福岡生まれ。広告代理店に就職しCMプロデューサーとして活躍。2007年に、広告代理店を退社。著書に、「だれか来る日のメニュー」、「おうちに帰って、ごはんにしよう。」「19時から作るごはん」など39冊がある。中国語版、韓国語版にも翻訳済。NHKワールドでは「Dining with the Chef」のホストを務め、世界に向けて日本料理をプロモートしている。

1件のフィードバック

  1. り香さん、こんばんは!このワインのラベル、素敵ですね。なんか、遊び心があるというか(^^)素朴な?質問ですが、スクリューキャップのワイン残った時は、そのままキャップ使ってもいいんですか?やっぱり、バキュバン?今日の朝日新聞、読みました。いつも思うけど、すてきなお父様方ですね。うちは、もろ昭和(T^T)今日から向田邦子さんの眠る盃読んでるのですが、うちの父と同じだー!と、思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です