行正り香 オフィシャルサイト | FOOD/DAYS

BILL EVANCE

BILL EVANCE


ビル・エヴァンス、晩年の作品です。

彼は実は大変な晩年を過ごしたピアニストで、ある意味、ピアノを弾くことだけが、彼の救いだったのではないかと、鍵盤にしがみつくように弾く姿を見ると、感じます。

I WILL SAY GOODBYE。

私は名曲だな、と思います。こういう曲を一人で聴く時間も、とても大切。

ビル・エバンスにとってピアノが救いであったように、私にとっては、時にビル・エバンスの奏でるピアノが救い。

 

I Will Say Good Bye – BILL EVANCE

I Will Say Good Bye – BILL EVANCEAmazonで購入する

 

 

 

行正 り香

行正 り香

福岡生まれ。広告代理店に就職しCMプロデューサーとして活躍。2007年に、広告代理店を退社。著書に、「だれか来る日のメニュー」、「おうちに帰って、ごはんにしよう。」「19時から作るごはん」など39冊がある。中国語版、韓国語版にも翻訳済。NHKワールドでは「Dining with the Chef」のホストを務め、世界に向けて日本料理をプロモートしている。

6件のフィードバック

  1. はじめまして。
    いつも美味しいレシピや素敵なコラムをありがとうございます。
    私もビル・エヴァンス大好きです。
    特に晩年の演奏。ワイン飲みながらConsecrationを聴いていると泣きそうになります。
    鬼気迫る演奏で。
    今日もまだweekdayですがワインを飲みながら聴いています。

  2. り香さん、こんにちは!
    毎日更新されるアプリ、楽しみにしています。
    日付が変わるとコラムを読んでから寝て、午後3時にレシピを確認して献立をイメージする毎日。
    り香さんの音楽や映画ネタも大好きです♪
    最近観たおすすめ、あるいは気になっている映画などありましたらぜひご紹介ください。何かと忙しない時節、たまには劇場でひとりの時間を楽しみたいな~と思ってます。

    1. いつも見てくださって、ありがとうございます!
      マダム マロリーと魔法のスパイス、めぐり合わせのお弁当、すごくいいですよ!

  3. 今回初めてビル・エヴァンスのアルバムを手に取りました。心に響くピアノです・・・長い一日の後で、ワインを飲みながら聞いていると、色々な思いがいい意味で流されていくようです。り香さんのお陰でクリス・ボッティも知り、クリス・ボッティの奏でるトランペットの音にこれまで何度救われたことか!いつも素敵なアルバムをご紹介くださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です