行正り香 オフィシャルサイト | FOOD/DAYS

10月おすすめワイン

10月おすすめワイン


みなさま、お元気ですか?私は、お家に観葉植物を増やしたり、額装を変えたりして、STAY HOMEライフを楽しんでいます。よく「あなたはアウトゴーイング(行動派)でしょう?」と聞かれますが、実はそうでもありません。家の中のあちこちを変えたり、好きな映画を見ているだけでとってもしあわせな気分になります。家の中にはやらなくてはならないことが、万とあります。観葉植物一つとっても、水をあげなくてはならないし、霧吹きで葉っぱに水をかけてあげれば、ぐっと元気になる。くだらないことですが、そんなことを一生懸命やっていると、あっというまにお昼。そしてインコの羽などを拾って掃除をしていると、あっという間にワインタイムになります。私はこんな日々の「やらなくちゃいけないこと」が好きだから、おばあさんになっても、なるだけ家で暮らしたいです。老人ホームに入れば上げ膳据え膳、掃除もしてくれて楽かもしれませんが、私にとっては掃除をすることも料理をすることも、小さな生きがい。それらが取られてしまったら、毎日がつまらないものになります。お家にさえいれば、おばあさんになって本当に暇になったら、写真を見返したり、「誰に何をあげよう」と計画を立てることもできます。

もし毎日掃除をしに来てくれる人がいて、お洗濯をしてくれて、ご飯を作ってくれたら、それは私にとっては、つまらない人生です。「ここをきれいにしよう」「もっと美味しく作ろう」と日々工夫することがあるから、一生楽しい人生なのではいかな、と思います。

STAY HOMEの時間が長引き、きっとみんなにとって良い体験もあったはずです。大事なことは何かな?捨てられないものは何かな?見つめる時間になったかもしれません。

さて、私にとってお友達のワインは、最も捨てられないものの一つです。外に飲みに行くのではないから、ちゃんとよいクオリティーのものを飲みたいなぁと思います。フィラディスのワインで、みなさまもちょっぴり豊かな一日となりますよう!

本日はマッシュルームスープをご紹介しています!

https://firadis.net/item/78.html

クロード・カザル シャンパーニュ フランス

もし女子会をするなら、私は迷わず、この1本をご提案します。ふくよかな甘味、香り、滑らかな舌触り、どこをとっても満点です。あまりにもドライであったりアルコールが強く感じる1本は、女子会にはちょっときついものがあります。もし迷っていたら、この1本を選んでください。

希望小売価格 5000円

ガブリエル・プーレ ブルゴーニュオート・コート・ド・ニュイ・ブラン クロ・デュ・シャトー フランス

秋にふさわしいシャルドネです。バタークッキーのような少し甘い香りを感じながらも、柑橘類の皮やジンジャーを想わせる程よい苦みが加わっています。お魚というより、お肉に合わせたい一本です。

希望小売価格 3380円

B’causeビコーズ シャルドネ カリフォルニア

ビコーズシリーズは何を飲んでも失敗のない、すばらしいシリーズです。それはもう、コンビニで買うようなリーズナブル価格でありながら、味はすべてレベルが高く、さすがフィラディスが自社で作っているだけあります。私の友人は、こちらのいろんな品種を、常にケース買いしているそうです。

希望小売価格1600円

ヴィッラ・ダヴィーニ モンテクッコ・ロッソ・レゼルヴァ イタリア

私が初秋に飲みたいな、と感じるのは、キャンティで作るサンジョヴェーゼかピノ・ノワールです。透き通ったような赤ワインは、口当たり軽く、そして飲んだあともどーんと重くなりません。抜栓して時間をおいて、数時間後に飲むと、舌触りや柔らかく、すべらかになります。時間のマジックです。

希望小売価格 2200円

気に入ったワインは、こちらで複数お買い求めいただけます。

https://firadis.net/

 

 

マッシュルームスープ&チーズパン

mushroom soup with cheese bread

ビタミンB2を含むマッシュルームとチーズをいっしょに。

太りやすいと思いがちなチーズにも、たくさんの栄養素がありますわよーん。

材料(2人分)

マッシュルーム(茶または白)1箱分 うす切り

玉ねぎ1/2個分 みじん切り

にんにく1個 みじん切り

バター 10g

牛乳400cc

塩 小さじ 1/2

鶏ガラスープの素 小さじ1/2

あればイタリアンパセリ 少々

チーズパン

 お好みのパン 適宜

 お好みのチーズ(ゴーダチーズ、カマンベールチーズなど)

作り方

1 鍋にバターと玉ねぎ、マッシュルームを入れ、玉ねぎが透き通るまで2分ほど弱火で炒める。牛乳、塩、中華スープの素を入れて蓋をして5分ほど弱火で煮る。そのままでもよいが、ミキサーかフードプロセッサーでかくはんすると本格的。

2 パンは好みのチーズをのせ、トーストしたら出来上がり。

行正 り香

行正 り香

福岡生まれ。広告代理店に就職しCMプロデューサーとして活躍。2007年に、広告代理店を退社。著書に、「だれか来る日のメニュー」、「おうちに帰って、ごはんにしよう。」「19時から作るごはん」など39冊がある。中国語版、韓国語版にも翻訳済。NHKワールドでは「Dining with the Chef」のホストを務め、世界に向けて日本料理をプロモートしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です