行正り香 オフィシャルサイト | FOOD/DAYS

8月おすすめワイン

8月おすすめワイン


みなさま、お元気ですか?あっという間に夏が来て、また私のお誕生日となってしまいました!若いころはお誕生は特別なもので、友だちや彼氏からプレゼントをもらえなかったりと一喜一憂していましたが(笑)、人生折り返し地点をすぎますと、そんなことは一切ございません。自分で食べたいものをリクエストし、飲みたいワインを早めに抜栓して、買いたいものを買い、みなさまからメッセージをいただくだけで、それはもう十分楽しい気分になります。

最近、一番楽しいのは、娘たちと昔見た映画を見直すことです。「フレンズ」「フォー・ウェディング」「タイタニック」「プリティ・ウーマン」から「ハングオーバー」まで、楽しかった、笑えたという映画を、かたっぱしから見ております。驚いたのがタイタニック。もちろん私も感動いたしましたが、娘さんたちの感動は私が大人になってから見た時よりはるかに大きい。よくよく考えてみたらこの映画は「ロミオとジュリエット」。大人になり、仕事をして、みんな別れたりひっついたりする男女の現実を知らない状態で見た方が、よっぽど面白い映画であったのだと、気づきを与えてもらっていたりします。また、昔は作れたけど、今は作ることができない映画もたくさんあります。ダイバーシティな世の中では、名作「風と共に去りぬ」でも、”人種差別的な描写”があることから、アメリカでは一時配信停止になったりしています。私が紹介する映画は、娘たちから見ても「今はこんな映画作れないね」というものがたくさんあるのだそうです。

さて今回ご紹介のワイン、まずは何よりびっくりした1本がボコパ エレダード・デ・アルミズラ。最初開けたときは渋みがあったので冷蔵庫に入れたまま次の日に飲んでみたら、これはもう、信じられない美味しさ。スペインのサンセバスチャンのバルで飲んだ高級ワインのような香りと味わいです。次の日がおいしいなんて!と驚かれる方も多いかもしれませんが、イタリアにいくと前の日に開けるのはよくあることだそうで、友人から「明日はどのワインにするか?」質問されたりして困りました。

映画もワインも発見があるということが最高ですね。7月末からはオリンピックで発見がいっぱいある気がしています。誰がなんと言おうと、私はオリンピックを日本に持ってきた人たちや、今も一生懸命調整しているスタッフさんや選手を応援したいと思っています。何事も批判をするのは簡単ですが、無から何かを作り出したり、調整するすることは、とても難しいチャレンジだからです。だから、もう行われると決まったからには、みんなで応援してあげられたら素晴らしいなと思います。

今年の夏はおいしい白ワインを飲みながら、テレビにかじりついちゃいますよ〜。

みなさまもワインとオリンピックでよい夏を!

ヴーヴ・オリヴィエ  セクレ・ド・カーヴ フランス

ほんのり甘い味わいとフルーツの香りがバランスが良いシャンパーニュです。ふくよかな風味を楽しみたいので、あまり冷たくするのではなく、程度に冷やして、少し大きめのグラスで飲んでみてください。グラスが大きいと香りが広がります。

希望小売価格 5000円

シャトー・アントニャック クロズリー・デ・リ シャルドネ フランス

「Closerie des Lys=百合の花咲く小さな庭」と言う意味のワインだそうです。白ワイン用ブドウの代表品種シャルドネを使用していますが口当たりは柔らかく、ステンレス発酵だから樽香は少なく、夏にぴったりの味わいです。

希望小売価格 1900円

 

ボコパ

エレダード・デ・アルミズラ  スペイン

こちら、amazing ワインです。まず1日前に抜栓してください。スペイン・アリカンテ地方に畑を持つ数多くのブドウ栽培農家と小規模ワイナリーの集合体的な組合でで作られた1本だそうで、「これ7500円です」と言われても「そうですか」と言いたくなるような香りと味わいです。開けてすぐより次の日の方が感動です。こんな値段のこんなワインと出会った人は、万歳したくなるだろなぁ。

希望小売価格 1600円

ブルゴーニュ フランス

こちらのワインも、開くのに結構時間を要します。3時間〜7時間前に抜栓をしておくと、最初から存分に開いた状態が堪能できます。フィラディスの五十嵐さんのお勧めは、シンプルに出来るだけ大きめのブルゴーニュ型グラスで楽しむ方法だそう。

希望小売価格 3000円

 

行正 り香

行正 り香

福岡生まれ。広告代理店に就職しCMプロデューサーとして活躍。2007年に、広告代理店を退社。著書に、「だれか来る日のメニュー」、「おうちに帰って、ごはんにしよう。」「19時から作るごはん」など39冊がある。中国語版、韓国語版にも翻訳済。NHKワールドでは「Dining with the Chef」のホストを務め、世界に向けて日本料理をプロモートしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です