行正り香 オフィシャルサイト | FOOD/DAYS

だれか来る日のメニュー

だれか来る日のメニュー


「何か食べさせて!」とやって来る友達にご飯を作っているうちに、その輪が広がって、いまや週末の食事会の順番待ちが出るほど。いつ、だれに出しても好評だったメニューです。

 

だれか来る日のメニュー

だれか来る日のメニュー width=発行日:1998/10/25
ページ数:96ページ
大きさ:B5変型

Amazonで購入する

 

 

 

行正 り香

行正 り香

福岡生まれ。広告代理店に就職しCMプロデューサーとして活躍。2007年に、広告代理店を退社。著書に、「だれか来る日のメニュー」、「おうちに帰って、ごはんにしよう。」「19時から作るごはん」など39冊がある。中国語版、韓国語版にも翻訳済。NHKワールドでは「Dining with the Chef」のホストを務め、世界に向けて日本料理をプロモートしている。

2件のフィードバック

  1. わァ〜、懐かしいです。この本にも、とてもお世話になりました。おうちご飯でちょっと頑張りたい時にも。また読み直しま〜す。

  2. こんばんは!早速おうちに帰って近くの本屋さんのぞいてみます!(早く読みたい(≧∇≦))売り切れていたらアマゾンで注文しまーす!昨日作ったかぼちゃのニョッキ、家族に大好評でした!あのモチモチ感が絡めたバターやチーズとすごく合うんです!!ニョッキもだれか来る日に振る舞いたい逸品ですね*\(^o^)/*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。