行正り香 オフィシャルサイト | FOOD/DAYS

10月おすすめワイン

10月おすすめワイン


みなさま、こんにちは。長い夏が終わり、やっと涼しくなってきましたね。夏は花火に盆踊りに、旅行にと、みんな何かと忙しくなりますが、秋は少しゆったり、コンサートに行ったり、美術館に行って過ごすのも素敵です。

英語やサッカーもそうですが、絵画や器、洋服やジュエリーなどを見て「美しいものを判断する力」を養うにも、練習が必要だと思います。まずはお店や美術館に行って、いろんな美しいものに触れてみる。それらを見て、なんで好きなのかな?と観察する。すると「自分はシンプルなデザインが好きなんだ」「画家は印象派が好きなんだ」ということがだんだんわかってきます。好きなものが見つかったら、今度はそのエリアを深く深く掘っていきます。例えば私は印象派の画家の中でもシャガール、モディリアーニ、マティスが好きですが、その3人の色の共通点を見つけたり、形の捉え方の共通点を見つけて、自分が絵を選ぶときの参考にします。絵や骨董品などは、まさに「出逢い」です。こちらから探しているときに見つかることなどほとんどなく、ぼーっとしているときにピンと感じるものに出逢います。でもその出逢いに至るまで、積み重ねた練習は必要なのだと思います。

ワインも似ているところがあるります。最初はいろんなエリア、品種にトライして、自分が美味しいと感じるものを見つける。次は好きな品種が見つかったら、その中で掘り下げていく。さらには値段と価値が見合う造り手に出会うまで、出逢いを求め続ける。もし出逢ったら、その出逢いを大切にしながら日々、生活していけたら素敵だなぁと思います。

さて、今月のフィラディスのセレクションも素敵な出逢いを感じさせてくれるセレクションです。フランスとスペイン赤はぜひ、数時間前に抜栓して(私は6時間前には抜栓します)みてくださいね。

ワイン頒布会お申し込みはこちらから

1. クレマン・デュ・ジュラ ブリュット     フランス
シャルドネ種を100%使用し、シャンパンと同じ製法で仕込んだスパークリングワイン。爽やな中に深い味わい。料理があってもいいのだけど、チーズとかナッツだけでこちらだけを味わいたいなと感じる1本です。

2. グラン・リバド・アルバリーニョ   スペイン
アルバリーニョと言う品種は、最近白の中でも有名ですが、その個性は何と言っても香り。さっぱりした辛口ながら、リースリング種を感じさせる甘い香り華やかな印象を残します。アルバリーニョといっても、軽いという感じではなく、鶏肉などとも合わせられる深みがあります。飲む少し前に抜栓するのがおすすめだそうです。希望小売価格2050円

3. シャトー・マルタン キュヴェ・ペセイユ サン・テステフ フランス
カヴェルネは、作られるエリアや造り手によって、差がつく1本です。新世界と言われるアメリカやカリフォルニア、オーストラリア、チリなどは飲み頃までの時間設計を短くする傾向にあり、伝統的にワインを作るフランス、イタリア、スペインは時間設計を長くすると言われています。こちらは伝統的に作られたそうで、秋にふさわしいしっかりした骨格ある1本。ぜひスパイシーな肉料理とも合わせていただきたい1本です。
希望小売価格2600円

4. フィンカ・モナステレオ スペイン
上質な、それはもうエレガントなリオハです。しっかりしていながら、舌の上を滑るような感触。さすがお値段がいいと、味もいいと納得してしまいます。「遅くとも飲む2時間前には抜栓を。直前30分ほど冷蔵庫で冷やし、グラスはボルドータイプ推奨。ワイン全体のトーンがタイトに引き締まり、より凝縮感が表る」のだそう。週末にお試しいただきたいワインです。

希望小売価格4600円
ワイン頒布会お申し込みはこちらから

行正り香セレクト おまかせ定期ワインコース / 月額10,000円 (送料+税込)
*このセットは 10/15 以降となります。

こちら、赤に合わせていかがでしょう。

スパイシーミートボール

モロッコ風のミートボール。スパイス味がハイボールの苦みを引き出す。

材料(3~4人分)多めにつくって冷凍すると便利

ミートボール

合いびきのひき肉 300グラム

玉ねぎ 1/2個 みじん切り

にんにく 1かけ みじん切り

クミン 大さじ1/2

コリアンダー 大さじ1/

チリパウダー 小さじ1/2

オリーブオイル 大さじ1

粗塩 小さじ1/2

卵白 1個

シャンツァイ(あれば)みじん切り 大さじ3

 

ソース

トマト缶 1個 手でトマトをつぶす

にんにく 1かけ すりおろし

クミン 大さじ1/2

粗塩 小さじ1/

レモン汁 大さじ1

オリーブオイル 大さじ1

 卵 1

あればシャンツァイ みじん切り 適宜

レモンの皮 すりおろし 適宜

 

作り方

1 ミートボールの材料はボウルに入れて、全体をよく練る。

2 フライパン、またはタジン鍋にオリーブオイルを入れ、ミートボールの材料を丸めて、中火で全体に焼き目をつける。焼き目がついたらソースの材料を全てを加え、沸騰したら弱火にする。

3 ふたをして10分ほど煮たら出来上がり。最後にお好みで卵を加え、半熟に仕上げる。卵を落としたらふたをして2~3分ほど中火で温めるのが目安。お好みで最後はシャンツァイのみじん切り、レモンの皮を散らす。

行正 り香

行正 り香

福岡生まれ。広告代理店に就職しCMプロデューサーとして活躍。2007年に、広告代理店を退社。著書に、「だれか来る日のメニュー」、「おうちに帰って、ごはんにしよう。」「19時から作るごはん」など39冊がある。中国語版、韓国語版にも翻訳済。NHKワールドでは「Dining with the Chef」のホストを務め、世界に向けて日本料理をプロモートしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です