行正り香 オフィシャルサイト | FOOD/DAYS

鶏ちゃんLOVE

鶏ちゃんLOVE


安くておいしい食材は偉大です。

高くておいしい食材もすばらしいですが、安いとなると、寛大さが違います。

ピラミッドの頂点にいる人だけでなく、すべての民の手に届くよう配慮されているのですから、政治家で例えるならマハトマ・ガンディーのような公平な心を持っているといえます。

公平で寛大な食材の代表に、卵、鶏肉、それも手羽やレバーや砂肝といった部位があげられますが、これらの素材は工夫次第で高い食材に匹敵する力を持ちます。

たとえば砂肝。

塩をかけて焼くだけでもおいしいですが、きちんと皮を処理して、塩をまぶし、オリーブオイルなどで30分、弱火で煮ると、大人だけでなく子供も夢中になるおいしいつまみが仕上がります。

タイムやローズマリーなど、ハーブ類入れるとそのおいしさは高級品に。

手羽先もローズマリーを少々ふって焼くと、焼き鳥からイタリア料理に昇格します。(ちなみに写真ものものはイタリア料理。赤ワインで煮ます)鶏肉っていいなぁ。

というわけで本日は手羽なんて、いかが?

行正 り香

行正 り香

福岡生まれ。広告代理店に就職しCMプロデューサーとして活躍。2007年に、広告代理店を退社。著書に、「だれか来る日のメニュー」、「おうちに帰って、ごはんにしよう。」「19時から作るごはん」など39冊がある。中国語版、韓国語版にも翻訳済。NHKワールドでは「Dining with the Chef」のホストを務め、世界に向けて日本料理をプロモートしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最新のブログ